スーツケースレンタル20社比較!編集部が実際使ったおすすめ3社と活用方法の全知識

スーツケースのいろは

カリトクのスーツケースレンタル、口コミ評判は?現場に突撃取材&実際に借りてみた!リモワ最新モデルが安い!

リモワの最新モデルのスーツケースをレンタルしたい、どこが一番お得に利用できるのか迷いますよね。

検索で大抵ヒットするのは、スーツケースレンタル大手「アールワイレンタル」ページです。

でも、2019年からサービスを開始した「カリトク(KARITOK)」は、リモワを最安値クラスで提供する知る人ぞ知るお得なサービスです。

実際にどのくらいお得なレンタル料金か?

アールワイレンタルとカリトクの、リモワのレンタル料金を比較してみましょう。

比較対象にしたのは、アールワイレンタルで公開されている、ブランド別ランキング>リモワ>BEST5のスーツケースです。

軽量タイプの大型モデルが、やはり人気なようです。

往復送料無料・破損時補償無料付帯など条件はほぼ同じです。

2日間:レンタル料金 サルサエアー
アイスブルー
80L
サルサエアー
ULバイオレット
80L
サルサエアー
ネイビーブルー
91L
サルサエアー
ULバイオレット
91L
サルサエアー
ライムグリーン
80L
R&Yレンタル 4,770円 4,770円 5,130円 5,130円 4,770円
KARITOK 4,620円
(91L)
4,554円 4,620円 4,620円 4,620円
  ▲150円 ▲216円 ▲510円 ▲510円 ▲150円

全商品でカリトクが、アールワイレンタルよりも、約5%前後安い料金設定になっています。

このサイズだと1週間近くの旅行になるので、実際のレンタルが7日間だとすると、400円近い料金差になります!

では、料金面でお得なカリトクのスーツケースレンタルは、きれいなスーツケースが届くのか?

まだ新しいサービスで口コミや評判などが、ネット上にほぼありません。それで実際に利用してメリットやデメリットを調べてみました。

編集長
ということで、こんにちは!
スーツケースのいろは編集長 東島です。今回はカリトクさんにお願いしてメンテナンス部門を取材いたしました。

自分の手元に届くスーツケースが、どんな掃除や管理をしているのか?気になりますよね。

記事の後半に、取材記事も掲載してあります。ぜひご覧ください!

スーツケースのいろは 編集部について

スーツケースのいろは編集部

自分にあったスーツケースで旅行ができると、いつもの旅がとっても楽しくなります。
毎回の旅行にあったサイズ、デザイン、カラーを楽しめる「スーツケースレンタル」をサポートする「スーツケースのいろは」編集部。2017年から定期的に各社レンタルの料金やサービスを比較し、失敗しないスーツケース選びのお手伝いをしています。「このポイントを知っておかないと、失敗するかも」という情報を客観的な視点から発信するメディアです。

いろは編集部の紹介はこちら

結論:カリトク(KARITOK)は在庫数は多くないが、レンタル料が最安値!

実際に利用に加え、今回はカリトクと運営会社のユニエイム様に取材することもできました。

2019年からスタートしたカリトクのスーツケースレンタルは、業界最安値保証を掲げるアールワイレンタルよりも安い料金で利用できるお得なサービスです。

ただサービスの品質維持のため、在庫数の補充をコントールしているようです。それで同業者と比べて在庫数が多くありません。

それで利用日ギリギリで予約をしようとすると、希望のカラーやサイズがないケースが他社よりも多いでしょう。

それでもお得な料金設定なので、余裕をもった早めの予約をおすすめします。

使って分かったカリトク(KARITOK)7つのメリット

カリトクのおすすめポイントを、7つにまとめました。

安く利用でき、必要な補償が無料で付く、安心して利用できるサービスです。

メリット①各レンタル料が最安値

先ほども図で比較したように、リモワはどの機種・レンタル期間で比較しても大手アールワイレンタルよりも安い料金設定がされています。

2日間:レンタル料金 サルサエアー
アイスブルー
80L
サルサエアー
ULバイオレット
80L
サルサエアー
ネイビーブルー
91L
サルサエアー
ULバイオレット
91L
サルサエアー
ライムグリーン
80L
R&Yレンタル 4,770円 4,770円 5,130円 5,130円 4,770円
KARITOK 4,620円
(91L)
4,554円 4,620円 4,620円 4,620円
  ▲150円 ▲216円 ▲510円 ▲510円 ▲150円

アールワイレンタルで人気のリモワ5機種で比較すると、2日間のレンタル料金が510円~150円も安く料金設定されています。

しかも、サルサエアーのアイスブルーは同サイズがなかったので、80L(R&Y)と91L(KARITOK)での比較になり、ワンサイズ大きいにもかかわらず150円安いレンタル料となりました。

メリット②全国往復送料が無料

スーツケースのレンタルは、片道だけ無料のところがありますが往復無料です。

残念ながら、沖縄と離島は有料になっています。沖縄と離島からスーツケースを申し込む場合は、完全全国無料のDMMレンタルがおすすめです。

メリット③破損補償が無料

リモワなど高級スーツケースをレンタルすると、もし壊したり汚してしまった場合の請求が心配になります。

でも、カリトクはもし汚してしまったり、壊してしまったとしても、無料で破損補償が付いているので安心して利用できます。

ただ、盗難補償は対象外です。置き引きや、置き忘れには気を付けて利用しましょう。

心配な方はクレジットの補償で対処するように設定しておくか、業界で唯一盗難補償を適用しているエースレンタルサービスがおすすめです。

メリット④梱包方法が段ボールなのでキャスターで部屋が汚れない

スーツケースのレンタルで以外と大切なのは、どんな梱包方法で送付されるか?

海外旅行から帰ってきたスーツケースのキャスターは、想像以上に汚い状態です。

車輪の汚れを気にしない

レンタル業者によって、ビニールカバーで覆って送付してくるところがあります。

この方法だと返却するまでは汚れたキャスターを部屋に直に置くか、新聞紙などを敷いて置くことになります。

でも、海外の道路やトイレをガラガラしてきたことを考えると、きれい好きの方はかなり抵抗があるのではないでしょうか?

それで、スーツケースのいろはではスーツケースの梱包を段ボールでしてくれる会社を推薦しています。

カリトクは全商品段ボールに梱包して送ってくれる

まだ、ビニールをかぶせての送付する会社。一部の機種しか段ボール配送をしない会社などがある中、カリトクは全商品新品の段ボールで梱包配送してくれます。

メリット⑤ヤマト運輸なので返却が簡単

返却時は、同封されている伝票を段ボールに貼って集荷してもらうだけ

スーツケースレンタルの配送業者は主に、ヤマト運輸か佐川急便です。

どちらが利用者にとって使いやすいか?断然「ヤマト運輸」です。理由は返却がしやすいから。

地域差はありますが、佐川急便だと集荷の細かい時間指定に応じてもらえません。またコンビニ返却もできません。

海外旅行から帰ってきて疲れている中、いつ来てくれるかわからない集荷を待ち続けるのは結構大変です。

カリトクは全商品、コンビニでも自由に返却でき、集荷依頼も細やかに対応してくれるヤマト運輸を指定業者としているのでとっても利用しやすい!

メリット⑥新作、新しい在庫が多い

独特のデザインで視線を集める、リモワ エッセンシャル トランクが借りられるのはKARITOKだけ。

カリトクは2019年に運営を開始したサービスです。

だから、取り扱っているスーツケースも新しい!この記事の後半で取材の様子を掲載していますが、映り込んでいるどのスーツケースも真新しいものばかりでした。

しかも、随時在庫を増やしているので必然的に、リモワの新しいシリーズが追加されています。

他社にはないリモアの新作もレンタルできます。

メリット⑦変換プラグ&海外対応ヘアアイロンが無料

海外旅行で必要になる変換プラグ。他社では最低でも2,000円ほどで貸し出しています(Amazonで2,000円前後なので、買った方がお得)。

アールワイレンタルは変圧器と変換プラグを無料でレンタルしていますが、カリトクは変換プラグと海外対応のヘアアイロンのセットをおまけで無料貸し出ししています。

海外対応のヘアアイロンも、他社でレンタルすると2,000円前後かかります。

最近の家電は変圧器が必要ないモデルも多いので、変圧器とヘアアイロンの組み合わせは特に女性には喜ばれます。

カリトク(KARITOK)の3つの注意点

カリトクのレンタル料金は業界最安値ですし、梱包方法や送料無料などきめ細かなサービスが行き届いているお薦めのサービスです。

しかし、いくつかの注意点もあります。

注意点①延滞料は高め

延滞料金が高めです。カリトクとアールワイレンタルの延滞料金を比較してみましょう。

カリトクの延滞料金規定

カリトクは延滞1日につき「2日間レンタル料金」の1日分を請求

カリトクは、延滞1日につき「2日間レンタル料金」の1日分が請求されます。

例えば『2日間レンタル料が5,000円の場合、延滞1日2,500円』請求額です。かなり高い。

R&Yレンタルの延滞料金規定

R&Yレンタルは延滞1日につき「5日間レンタル料金」の1日分を請求

R&Yレンタルは、延滞1日につき「5日間レンタル料金」の1日分が請求されます。

例えば『5日間レンタル料金が5,000円の場合は1,000円』請求額になります。

通常は1日長くレンタルすると1日300円の追加額なので、アールワイレンタルの1日1,000円はその3倍ちょっと。

しかし、カリトクは1日2,500円なので8倍ちょっとになり、延滞に関してはかなり厳しい規約になっていることがわかります。

もし予定よりも長くなる可能性があれば、レンタル期間を少し余裕をもって予約するのがおすすめです。

注意点②在庫数は多くない

大手レンタル会社と比べると在庫数は多いわけではありません。

そのため人気のカラーやシリーズは、直近では予約ができなくなっていることが良くあります。

ただ、レンタル料金が安いのでそれでも利用する価値があります。

在庫数が多くないため、早めにお得な料金で予約しましょう。特にGWや年末年始は直前の利用だと希望のものがないかもしれません。

注意点③オゾン滅菌・脱臭処理はない

最近各社採用し始めている、オゾン発生装置を導入していません。

それでこの装置による、滅菌・脱臭処理はされていません。

ただ、オゾン処理されたスーツケースは少しだけ独特の香りがして、人によって苦手な方もおられます。

取材でわかりましたが、そうした方への配慮でアルコール系の除菌処理を行っておられます。

利用レポート:申し込んだらこんなスーツケースが届いた!

今回は、他の仕事で撮影器具を運ぶ必要があり、大型のスーツケースをカリトクさんからレンタルしてみました!

リモワのサルサエアー91Lです。2日間の短期レンタルで4,620円。ヤマトの往復送料を考えると、ほぼ利益などない良心的な金額!

さてどんな状態のものが届くでしょうか?レンタル開始日の、指定時間にしっかり届きました!

外装の傷や汚れ

専用段ボールで届いて取り扱いしやすい

外装に目立った傷などなし

手が触れるキャリーバーもきれい

ハンドル部分も汚れなどなく安心して利用できました

各社残りがちな、キャスター内側の汚れもほぼなかった

内装のにおい、汚れ

オゾン発生装置を使っていないのでオゾン特有の香りもせずほぼ無臭

リモワ特有の清潔感ある内装はゴミや目立ちやすいが、チリひとつない完璧なクリーニング

気遣いある同封物

担当者のサインとともに、各項目がメンテナンスされていることがわかる

匂いがうつる香水や、チークなどに利用できる小物入れが付いていた

他社で利用すると車輪のホイール部分が、汚れたままで届くことが時々あります。

この部分がきれいにメンテナンスされていて、部屋の中のスーツケース移動も安心してできます。

香水などをしまうのに利用できる、ジップロック式の小袋はカリトクが初めてでした。

今回利用させてもらった、91Lの超大型スーツケース。とても家に置いておくスペースはないのでとても助かりました。

気持ちよくリーズナブルに利用できました!

撮影資材が満載ですごい重さでした。『壊れるのでは・・・』と少し不安になりましたが、さすがリモワ。ビクともしませんでした!

カリトク(KARITOK)現場スタッフに取材してみた!感謝の手紙も届く誠実なメンテナンス

今回実際にカリトクからレンタルしてみて料金面や品質など、納得のサービスでした

それで、『是非、現場を見てみたい!』と思い立ち、編集長自ら取材を申し込みました。

快く運営会社の株式会社ユニエイムの、レンタル事業部/カリトク店長の北原さん・スタッフの新国さんが取材に応じて下さいました。

編集長
実際どんなふうに、スーツケースをきれいにしているのか?皆さんに伝わる写真を撮ってきたい!

それで、実際のメンテンナンスの様子を取材して、作業風景をたくさん撮らせてもらいました!

リモワの新作を中心に豊富なカラーがある。今後在庫数を増やし、規模拡大予定

カリトク(KARITOK)スタッフの新国さん。和気あいあいとした、楽しい職場でした。

内外装の汚れは、清潔さを保つために使い捨てのダスターを利用

取っ手やハンドルなど、実際に手が触れる部分は除菌スプレーなどを利用し念入りにメンテナンス

面倒なキャスターのホイール部分も手を抜いてなかった・・・

内装の掃除機がけ

必要に応じてバフ掛け。ただスーツケースの素材は、傷が落ちにくく利用はレアケース。

リフレッシュされたスーツケースを、新品の段ボールで梱包し届けてくれます

編集長
取材してみて感じたのは、倉庫内がとてもきれいで清潔!

メンテナンスに利用するダスターも使い捨てで、衛生面での工夫がされていました。

撮影中も笑顔が絶えず、スタッフの皆さんが仲良く、楽しくお仕事しておられました。

なんだか『ここからの商品ならば安心してレンタルできる・・・』そんな気持ちになれる取材でした!

カリトクさん、忙しい中お付き合いいただきありがとうございました!

Q:この仕事をしていてうれしかったことは?

店長の北原さんに『仕事をしていて、うれしかったことは?』とお聞きすると、『これですね~!』と嬉しそうにデスクから何かを取り出してくれました。

『お客様からのお手紙です。時々返却されたスーツケースと一緒に、メッセージカードが入っていることがあります。結構これがうれしくて・・・全て大切にとっておいてあります!』

普段からお客様に喜んでもらえる、よいお仕事をされているんだ・・・と実感できるエピソードでした。

KARITOK運営会社 / 株式会社ユニエイム

スーツケースレンタルのKARITOKは、株式会社ユニエイムが運営するサービスです。株式会社ユニエイムは、イベント会場へのレジスターの貸し出しや、レンタルシステムの開発などを手掛ける会社です。
大手プロダクションのコンサートなども任される信頼と技術力を生かし、一般家庭が気軽に利用できるレンタルシステムを提供しています。
『借りるをスタンダードに』を合言葉に、スーツケースのレンタルから様々なレンタルサービスを展開予定。


東京都港区南麻布3-19-23 オーク南麻布ビル13F
株式会社ユニエイム
スーツケースレンタルのKARITOK

Copyright© スーツケースのいろは , 2020 All Rights Reserved.